郷に入れば郷に従え

大学3年夏に1年の留学から帰ってきて、その年の10月から就職活動がスタートしていました。スイスに行っていたのですが、日本人にありがちの海外に行くと何でも出来るような気持ちになっていました。そして、日本的な事がとてもバカバカしく思えていたのです。

就職活動を始めた時は、髪の毛もやや染めたまま、みんなと同じようにリクルートスーツを着るのもバカバカしく、就職サイトのエントリーや説明などほとんどといって良いほどやっていませんでした。そして、留学していた経験もあり、就職氷河期も抜けていたので、なんとなく自分は大丈夫、どこか内定をもらえるだろうと甘い考えでいました。外国語はちょっとうんざりしていた分、興味のある大手メーカーにばかりエントリーしていました。こんな状態でもちろん内定どころか、選考に進めるはずもなく、書類選考すら通らないという日々が続きました。年が明けて、さすがにまずいと思い、髪も黒く染め、目についた会社にエントリーし、会社を選ぶ余裕もなくなってくると自分の経験に全く関係のない会社を受けるようになっていました。4月が過ぎ、チラホラ内定をもらう友人も増えてくると更に焦ります。自分に自信がなくなり、泣いては闇雲にエントリーするという日々でした。ある日、商社を受けるとスムーズに選考に進めることに気づきました。私は、高校も英語科で、大学ではドイツ語を独学で学び留学の権利を手にしたのです。興味のある会社をただ選ぶのではなく、自分がその会社でどう役に立てるか考えるべきでした。私の強みはやはり外国語だったのです。そこに気づいてからはある商社の営業アシスタント職として内定を頂くことが出来ました。しかし、今社会人を経て考えると、もっと様々な可能性があったのではないかとも思うのです。

まずは、1つのことをマスターすること。留学を終えた後、日本の大学のサークル重視で勉強の重要度の低さにガッカリし、燃え尽き症候群も加わり、急にドイツ語を離れてしまったのです。それを心折れないよう勉強し続け、資格を取り、ドイツに関わる企業に勤めることも出来たかもしれません。あるいはもっと遡ると、昔から絵を描くことが好きだったので、絵の関係の学校に進むことも良かったのかもしれません。色んなとこに興味を持った結果、貿易業務にアパレル、環境負荷物質調査などの仕事を経験し、特別まとまった経験や資格がないまま働いているような状態なので、1つのことをマスターしておけばよかったと後悔しています。

あとは、自分にどんなスキルがあるかもっと見つめることです。就職活動をしていた時は上辺だけの自己分析をしていたので、それらしい言葉を羅列して面接に向かっていました。しかし、今だったらもっと冷静に自分に何が出来るかを考えられるような気がします。自分の性格やその性格に向いている職業、自分をその性格だと思う所以、自分が何故ドイツ語を選んで留学したのか、そこで何を感じたのか、今だと自分がどういう人間か浮かんできます。就職活動の時にもっと早く自分と向き合えていたら、違った未来が見えていたのかもしれません。

留学をした際、私は海外には住めないと感じました。スイス人だけでなく、多種多様な外国人と会い、会話しました。そこで見えたことは私の考えはとても日本的であり、欧米の考えはやはり理解出来なかったのです。海外が嫌いになったのという訳ではなく、日本にいて海外とつながりたいと思ったのです。日本にいると決めた以上、郷に入れば郷に従わなければいけません。日本の一般企業で働く以上、リクルートスーツを着て、就職活動をし、職を探さないといけないのです。サラリーマン、OLに暗いイメージを持っていましたが、実際は全くそんなことはなく、そこにやりがいを見出すのは自分次第なのです。それに早く気付いてもっと真剣かつ積極的に就職活動をしていればよかったと思います。