痛い目に合うという教訓

社会人になりたてのころ、まだ経済的にぎりぎりの生活をしていたこともあり、短時間で高時給のアルバイトの副業をしていました。もちろんお昼の会社では副業が禁止されていたため会社にも会社の仲間にも秘密を貫き通すつもりで始めました。

続きを読む

仕事の内容は明確に、変更する際もハッキリと

スーパーマーケットのレジ係りとしてアルバイトをしていました。レジ係といっても品出しも兼任するというような内容だったので、アルバイトの時間によっては品出しをしたりレジ打ちをしたりしていました。いずれも、衛生的であったため選んだアルバイトでした。

続きを読む

中華料理店で店長の嫌がらせ

大学生の時ですが、中華料理店でウエイトレスのアルバイトをした事があります。大学から家への帰宅途中の駅で便利だったことと、ウエイトレスの制服がチャイナドレスだったので可愛くて働くことにしました。

続きを読む

ホステスのアルバイトを辞める時に遭遇したトラブル

私が大学生だった頃の話です。当時私は学生業の傍らホステスのアルバイトをしていました。田舎から上京してきた私は生活費を自分で工面するためには1番コスパがいいと考えてこのアルバイトを選びました。

続きを読む

割烹料理屋での上司たちとの関係

私は以前、OLをしながら割烹料理屋と呼ばれる店でアルバイトをしていました。4人がけのカウンター席と4人がけのテーブル席が2組だけの小さな店に、女将と呼ばれるオーナーと、その下には支配人と呼ばれる男性とバイトリーダーの女性が上司にいました。

続きを読む

高校時代のアルバイト

私は当時、高校2年生で部活動のマネージャーをしながらでも働けるアルバイト先を探していました。いくつかアルバイトの面接を受けて採用されたのが地元にあるスーパーでした。そこは私と同じ高校生がたくさん働いているスーパーで、地元の高校生を積極的に雇ってくれるので高校生の間では少し有名なスーパーでもありました。

続きを読む

郷に入れば郷に従え